重症51人、宣言解除後最多

共同通信

 東京都は24日、新型コロナウイルスの感染者が新たに186人報告されたと発表した。入院中の患者数は23日から100人増の1583人となり、うち重症者数は10人増の51人で緊急事態宣言解除後の最多を更新。5月18日の52人以来半年ぶりに50人台となった。

 都の担当者は重症者の急増について「感染者に中高年が増えたのが要因の一つ」と分析した上で「重症者は回復するなどして日々入れ替わっており、タイミングの問題という可能性もある」と説明した。

 新規感染者のうち、感染経路が不明なのは102人。重症化リスクのある65歳以上は36人だった。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ