バイデン氏、同盟関係重視を強調

共同通信

 【ワシントン共同】バイデン次期米大統領は24日、東部デラウェア州ウィルミントンで演説し「米国は同盟国と協力した時に最強になる」と述べ、同盟関係を軽視した「米国第一」のトランプ外交から決別する姿勢を示した。23日に発表した外交・安全保障を担う6人の高官候補と共に登壇。現政権で揺らいだ米外交を念頭に「米国は戻ってきた」と強調し、国際社会の主導役に復帰する決意を見せた。

 ホワイトハウスは24日、政権移行に向け、トランプ大統領が毎日受けている情報機関による国内外情勢に関する機密報告をバイデン氏も受けられるよう許可。バイデン次期政権発足に向けた動きが加速している。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ