京都・嵐山最後の「営業再開」 台風被害の「星のや」

台風18号の被害から復旧し、営業を再開する京都・嵐山の旅館「星のや京都」=31日午前 拡大

台風18号の被害から復旧し、営業を再開する京都・嵐山の旅館「星のや京都」=31日午前

 昨年9月の台風18号で被害を受けた京都・嵐山の旅館「星のや京都」が31日、2月1日の営業再開を前に、生まれ変わった館内を報道陣に公開した。

 地元商店などでつくる「嵐山保勝会」によると、台風18号の影響で、同館だけが営業を再開できていなかった。

 星のや京都によると、流された階段や室外機を補修したほか、使っていなかった蔵を昼はコーヒー、夜はウイスキーなどを楽しめるサロンやバーとして改装。テラス付きの遊覧船も送迎用に導入した。

 酒井俊之総支配人は「ご心配を掛けて申し訳なかった。また運営できることをうれしく思っている」と話した。

PR

PR

注目のテーマ