鹿児島県、海上調査を許可へ

共同通信

 鹿児島県の塩田康一知事が西之表市の馬毛島への自衛隊基地建設を巡り、防衛省が申請した港湾施設建設のための海上ボーリング調査を許可する方針を固めた。27日開会の県議会で表明する。複数の県関係者が26日、明らかにした。

 馬毛島は米軍空母艦載機による陸上空母離着陸訓練(FCLP)の移転候補地。2011年に日米の安全保障協議委員会(2プラス2)の共同文書に移転検討が明記されて以降、停滞していた計画が動きだす。県幹部は「法令に沿った行政手続きであり、基地建設の賛否とは切り分けて判断する」と強調した。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ