首相、保健所に「1200人」

共同通信

 菅義偉首相は27日、政府の新型コロナウイルス感染症対策本部を官邸で開き、感染者の急増に伴う医療現場の不安払拭に全力を挙げる考えを示した。「医療提供体制の逼迫に対応するため早急に病床確保を進め、入院の必要性の高い方を優先するよう自治体の運用を徹底させる」と述べた。

 感染拡大地域の保健所に派遣する専門職について「1200人を確保しており、しっかり支援する」と強調。重症者の発生を可能な限り食い止めるため、高齢者施設などの入所者や従事者を対象とする検査を政府の負担で早急に実施すると表明。関係閣僚に「自治体と緊密に連携し対策に全力で当たってもらいたい」と指示した。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ