クライミング、実戦形式で練習

共同通信

 スポーツクライミングの強化選手が28日、愛媛県西条市での合宿を報道陣に公開し、東京五輪代表で男子の楢崎智亜や女子の野口啓代(ともにTEAM au)らが試合勘を養うため、スピード、ボルダリング、リードの順で3種目をこなす複合の実戦的な練習に取り組んだ。

 複合の大会は昨年8月の世界選手権から遠ざかっており、楢崎智は「久しぶりに強いメンバーと試合形式でできたのは有意義だった」と強調。野口は「一気に3種目やるのは疲れ方が全然違う。最後のリードはいつも通りの登りができなかった」と話した。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ