マラドーナさん遺体と一緒に写真

共同通信

 【ブエノスアイレス共同】アルゼンチンのメディアによると、25日に死去したサッカー元同国代表マラドーナさんの葬儀関係者らが遺体と一緒に写真を撮影、28日までにインターネット上で拡散されて批判が高まり、警察が捜査を始めた。

 ネット上で広がったのは、ひつぎの中のマラドーナさんの額に右手を当て左手親指を立てた葬儀所の男性と、別の業者男性とその息子が一緒に写る写真の2種類。警察は遺体の冒涜などの容疑で捜査。3人は警察に出頭するなどした。

 マラドーナさんの弁護士が男性の一人をツイッター上で特定し「ろくでなし」と投稿、ネット上で批判の的となった。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ