韓国、検事総長が法廷闘争

共同通信

 【ソウル共同】韓国の秋美愛法相が出した職務停止処分は不当だとして、尹錫悦検事総長が措置の停止を求めた仮処分申請に関し、ソウル市内の裁判所が30日、初の審問を開いた。韓国メディアが報じた。検察改革を掲げる法務省と、抵抗する検察の対立は両トップの法廷闘争に発展。裁判所は処分停止の可否を近く判断する。

 聯合ニュースは、判断は一両日中に出る見通しだと伝えている。処分停止となれば、尹氏は職務に復帰できる。ただ法務省は12月2日に尹氏の懲戒委員会を開く予定で、解任や免職の処分が決まれば検察トップの座から追われることになる。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ