埼玉県、営業時間の短縮要請へ

共同通信

 埼玉県が繁華街のある地域に限定し、飲食店などに営業時間の短縮を要請する方向で調整していることが30日、県関係者への取材で分かった。新型コロナウイルスの感染者増加を受けた対応。同日夜の専門家会議で意見を聴取した上で、具体的な内容を決める方針。

 県関係者によると、対象地域はさいたま市大宮区、川口市、越谷市に絞り、酒を提供する店などに対し、12月7日から同17日まで営業時間を午後10時までとするよう要請する案が浮上している。

 要請に応じた店には、22万円を協力金として支給することも検討しており、関連議案を県議会に提案する方針という。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ