首里城の大龍柱、補修完了

共同通信

 昨年10月の首里城(那覇市)の火災で焼け跡に残った「大龍柱」の補修作業が終わり30日、報道陣に公開された。大龍柱は竜をかたどった一対の柱。首里城公園内のプレハブ小屋で約2年間展示し、正殿復元の際に新たにつくる大龍柱の見本とする。その後も、火災の記憶を伝える史料として展示を続ける方針。

 内閣府沖縄総合事務局によると、熱によるひびに樹脂を注入して接着し、剥がれそうな部分はステンレス棒を挿入して固定した。

 大龍柱はそれぞれ高さ約3・1メートル、重さ約1トン。沖縄・与那国島の細粒砂岩を彫刻し、とぐろを巻いて鎌首をもたげた竜が正殿正面で向かい合っていた。

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ