年末控え中小の資金繰り支援要請

共同通信

 金融庁は30日、中小企業の資金繰りを支援するため、銀行業界と意見交換会を開いた。新型コロナウイルス感染拡大で経済環境が厳しさを増す中、資金需要が高まる年末に向けて企業への円滑な融資を促すのが狙い。

 麻生太郎金融担当相は会合で「依然として厳しい資金繰りに直面している事業者もいる。相談に親身に応じてほしい」と要請した。その上で「目先の資金繰り支援だけでなく、経営改善や事業再編などの支援も重要だ」と述べ、新型コロナの収束後を見据えた対応を求めた。

 全国銀行協会の三毛兼承会長は「コロナとの共存を前提としたビジネスの再構築に向けた動きも支えたい」と応じた。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ