首相、安倍氏の証人喚問に否定的

共同通信

 菅義偉首相は30日の参院本会議で、「桜を見る会」の疑惑を巡る安倍晋三前首相の証人喚問に否定的な見解を示した。自民党総裁として決断するよう求められたのに対し「国会の運営は国会でお決めいただくことだ」と述べた。官房長官当時に安倍氏の発言を追認した自身の責任についても否定した。

 前日に開いた夕食会で、安倍氏側による収支の差額補填が判明したことを踏まえ、共産党の山下芳生氏は「1年にわたって国会でうそをついていたことになる」と指摘。官房長官当時の答弁に触れ「首相の責任も重い。自覚はあるのか」と迫った。首相は「必要なら安倍氏に確認し、誠実に答弁してきた」と語った。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ