奄美大島への観光客誘致を行う、(株)ナショナルパークツーリズム奄美と国立公園内でのワーケーション拠点の紹介及び不動産事業を行う、(株) National Park Style REALITYを設立

PR TIMES 株式会社 National Park Style REALITY

アフターコロナに向け、奄美大島への観光客誘致を行う、(株)ナショナルパークツーリズム奄美と国立公園内・奄美の自然でのワーケーション拠点の紹介及び不動産事業を行う、(株) National Park Style REALITYを設立
 瀬戸内町と地域活性化連携包括協定を締結し、瀬戸内町と共同で、テレワーク・ワーケーションオフィス<せとうちITBASE>を運営する株式会社TARGET HOLDINGS(本社:鹿児島県大島郡瀬戸内町、代表取締役社長:立石聡明、以下TARGET)は、このたび、アフターコロナの奄美大島及び瀬戸内町、加計呂麻島、請島、与路島への観光客誘致に備えて、旅行事業を行う、株式会社ナショナルパークツーリズム奄美(本社:鹿児島県大島郡瀬戸内町、代表取締役社長:平田大)を設立いたしました。また、コロナ感染予防下での、国立公園内・奄美の自然でのワーケーションニーズの高まりに応えるとともに、観光及びワーケーションでの来島者を移住につなげるべく、 (株) National Park Style REALITY(ナショナルパークスタイルリアルテイ)(本社:鹿児島県大島郡瀬戸内町、代表取締役社長:平田大)を併せて設立いたしました。両社の設立により、日本の国立公園の自然を守り、楽しむライフスタイルの推奨をする、ナショナルパークスタイル事業として、奄美大島で事業展開をしていく予定です。

 旅行事業については、すでに、北海道の阿寒摩周国立公園で旅行業を行う株式会社ナショナルパークツーリズムてしかが(本社:北海道川上郡弟子屈町、代表取締役社長:中嶋康夫)が、TARGETが開設したテレワーク・ワーケーションオフィス<せとうちITBASE>に進出し、ツーリズムを中心とした地域活性化に取り組んでおりましたが、奄美リピーター向けに請島・与路島の周遊・アイランドホッピングツーリズムの推進し、奄美大島への観光客誘致をより強化する目的で、株式会社ナショナルパークツーリズム奄美を設立し、TARGETが直接出資する事業会社として、奄美大島での旅行事業を展開して参ります。

 TARGETでは、<せとうちITBASE>を、コロナ感染予防対策を徹底しながらワーケーション施設として利用開始しております。また、あらたに2020年10月6日より、請島の旧ノエビア宿泊研究施設を、<National Park Style cottage(ナショナルパークスタイルコテージ)>として運営を開始いたしました。さらに与路島では古民家を取得し、古民家宿としてリノベーションして、請島のNational Park Style cottageとあわせて、<National Park Style Kominka>として2020年12月中に開業し、請島・与路島の周遊・アイランドホッピングツーリズムを奄美リピーター向けに展開することを目指して参ります。

 また、コロナ感染予防下での、自然の中でのワーケーションニーズの高まりに応え、奄美リピーターを観光から移住につなげるべく、(株) National Park Style REALITYが、ワーケーション拠点の紹介及び不動産事業を展開して参ります。なお、不動産事業においては、奄美大島全般の情報を網羅した、不動産ポータルサイトを立ち上げて参ります。

 TARGETでは、両社の設立により、今後、【旅行】⇒【ワーケーション】⇒【移住】のニーズにグループとして応えるとともに、移住者の創業支援を行うことで、瀬戸内町に、クラウドファンディングで起業を支援する<瀬戸内StockMarket(仮称)>を創出し、VC、投資家、大手企業、大学等の連携で、起業を目指す人にチャンスを与える仕組み(エコシステム)の構築を目指して参ります。


■(株)ナショナルパークツーリズム奄美会社概要
社 名:株式会社ナショナルパークツーリズム奄美
住 所:〒894-1504 鹿児島県大島郡瀬戸内町大字古仁屋字春日5<瀬戸内ITBASE>
設 立:2020年10月
株 主:(株)TARGET HOLDINGS(出資比率100%)
代表取締役:平田 大
事業内容:旅行事業、宿泊施設運営


■(株)National Park Style REALITY会社概要
社 名:株式会社National Park Style REALITY(ナショナルパークスタイルリアルテイ)
住 所:〒894-1504 鹿児島県大島郡瀬戸内町大字古仁屋字春日5<瀬戸内ITBASE>
設 立:2020年8月
株 主:(株)TARGET HOLDINGS(出資比率100%)
代表取締役:平田 大
事業内容:不動産事業、サステナブルデベロップメント



■請島National Park Style cottage概要
施設名:National Park Style cottage(ナショナルパークスタイルコテージ)
住所:瀬戸内町大字請阿室字金久原62番地
開業:2020年10月6日
定員:最大5名
※現在、コロナ感染予防を徹底するため、一棟貸し2名様までのご利用に限定させて頂いております。





■請島・与路島の周遊・アイランドホッピングツーリズムについて
 奄美大島の最南端に位置する瀬戸内町は、大島海峡をはさんで加計呂麻島、請島、与路島の有人3島を有しており、豊かな自然と独特の文化、近年の話題性を含めて、観光地としての大きなポテンシャルを持っているが、海外はもちろん、国内においても観光地としての明確な魅力を伝えることが出来ておらず、交通の便も悪さもあって、観光客の誘致は進んでいないと言えます。
 一方で、基幹産業の衰退、若年層を中心とする人口の流出と高齢化等、多くの課題を抱えており、その中でも与路島、請島等の離島においては、過疎化、高齢化が深刻な問題となっており、今後の地域社会の維持に向けて、新たな産業への取り組みが必要となっていると考えます。
 TARGETグループでは、コロナウィルス感染拡大防止への対応を図りながらも、地域経済の復興の基軸となる、新たな観光施策の確立に向けての取り組みを行いたいと考えています。
 具体的には、奄美リピーター向けに、瀬戸内町の有する有人離島を3島持つ特性を活かしつつ、脱3密の観点からも、自然あふれる瀬戸内町の魅力を、開放的な離島めぐる、アドベンチャーツーリズムを取り入れたアイランドホッピングによる周遊観光プランを開発、プロモーションすることで、瀬戸内町への観光誘客を図っていく予定です。また、長期滞在を促すべく、瀬戸内町の運営する、ワーケーション施設「瀬戸内ITBASE」との連携により、WIFIが整備されたリモートワーク環境を提供することで、ワーケーションニーズにも応えて参ります。
<請島・与路島の周遊・アイランドホッピングツーリズムイメージ>


■瀬戸内町の地域活性化への貢献
TARGETでは、【旅行】⇒【ワーケーション】⇒【移住】のニーズにグループとして応えて参りたいと考えております。


■瀬戸内StockMarket(仮称)について
瀬戸内町に、クラウドファンディングで起業を支援する<瀬戸内StockMarket(仮称)>を創出し、VC、投資家、大手企業、大学等の連携で、起業を目指す人にチャンスを与える仕組み(エコシステム)の構築を目指して参ります。



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

ニュースリリース アクセスランキング

PR

注目のテーマ