和歌山の双子パンダが6歳に

共同通信

 和歌山県白浜町にあるレジャー施設「アドベンチャーワールド」が飼育している双子の雌のジャイアントパンダ「桜浜」と「桃浜」が2日、6歳の誕生日を迎え、園は桜と桃の花をかたどった氷などをプレゼントした。

 この日は休園日。2頭はパンダ舎内にあるガラスで仕切られた運動場に登場した。姉の桜浜は落ち着きなく歩き回り、妹の桃浜は好物の竹を手にとって葉を食べていた。

 飼育スタッフの水本育恵さん(33)は「元気に育ってくれてうれしい。2頭とも繁殖に関わることがあるかもしれないので、健康管理に努めたい」と話した。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ