都市対抗野球、ホンダが3度目V

共同通信

 第91回都市対抗野球大会最終日は3日、東京ドームで決勝が行われ、ホンダ(狭山市)がNTT東日本(東京都)を4―1で下し、11年ぶり3度目の優勝を果たした。

 ホンダは一回に佐藤の適時打で先制。二回に追い付かれたが、五回に井上が右翼へ勝ち越しの3点本塁打を放った。朝山は8回を3安打1失点と好投。大会10打点の井上が橋戸賞(最優秀選手賞)に輝いた。NTT東日本は3年ぶりの優勝を逃した。

 大会は新型コロナウイルスを考慮し、1試合の入場者を1万人以内に制限。名物の応援団による応援は実施されなかった。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ