維新の片山氏、皇女制度に疑問

共同通信

 日本維新の会の片山虎之助共同代表は4日の記者会見で、政府が皇室活動の担い手確保策として検討している「皇女」制度創設について「皇女になる方や結婚する人の意見はどうなるのか。やや思い付きのような感じがする」と疑問を呈した。皇女制度を巡っては、与野党幹部の発言が相次いでおり、主要政党幹部の見解が出そろった格好だ。

 片山氏は安定的な皇位継承策に関し「国会で議論し、方向性を見つけないと国民が分断される。世論をまとめないといけない」と話した。

 国民民主党の玉木雄一郎代表は、早急に安定的な皇位継承策を見いださなければ将来的に皇統が途絶える恐れがあると危機感を示した。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ