油山グランピング、八仙閣と協業。福岡天神のビアガーデンでグランピングと中華オーダーバイキングが楽しめる「あったか中華」フェアをスタート。

PR TIMES キャンプ女子株式会社

コロナ禍でも安心して楽しめる、屋上で換気をよくしてお待ちしております。
リーズナブルな価格でグランピングが楽しめる、福岡市人気No. 1のグランピング施設「油山グランピング」が、天神スカイビアテラス(福岡市中央区天神・西日本新聞会館17階屋上)に、本格中華「八仙閣」とコラボして登場します。 屋上で風通しも良く、テントの中に入れば美味しい中華料理を暖かく召し上がっていただけます。 開催期間は12月4日~1月31日。

油山グランピング×八仙閣のコラボについて

福岡市人気No. 1グランピング施設「油山グランピング」と、博多の老舗本格中華料理「八仙閣」が協業し、コラボ企画「あったか中華」フェアを開催。
西日本新聞会館の屋上、夏期はビアガーデンで賑わう施設内に豪華なテントが登場。中華シェフが作ったアウトドア風中華を出来立てのままオーダーバイキング形式で提供。広々とした屋上で天神一帯の夜景も見ることができます。天神でもっともアウトドアを身近に体験できる施設。


テントや椅子は油山グランピングそのもの。都会にいながら、アウトドアの雰囲気を楽しんでいただけます。
グランピングテントは1組最大8名様まで(組数限定・要予約)、ドームテントは1組最大6名様まで(1組限定・要予約)。ご予約順となっております。
一番人気は「オーダーバイキング食べ飲み放題2時間5000円」


八仙閣の中華が食べ放題!さらに、グランピングテントをご予約のお客様には特別に一部メニューをアウトドア風の食器でご提供。



▲大人気のオーダーバイキング。料理もアウトドアテイストに。



▲気軽に立ち寄ることができる「せんべろグルメ」ドリンク2杯とフードが1品つきます。
ルーフトップで換気もしっかり



グランピング中華「あったか中華」フェアは西日本新聞会館屋上にて開催します。
天神の夜景を眺めながら、屋上で気持ちよく過ごしていただけます。
テントの中にはセラミックファンヒーターを常設。その他にも、こたつ席やブランケットを準備。防風のビニールカーテンも設置いたしております。
コロナ対策をしながら、皆様のお越しをお待ちしております。

予約はLINEで受付開始

ご予約は、八仙閣 天神スカイビアテラス公式LINE登録後、メニュー画面よりネット予約又はお電話で受付。
(当日のご予約はお電話のみとなっております)

八仙閣 天神スカイビアテラス公式LINE: https://lin.ee/4UTSeJX
油山グランピング×八仙閣「あったか中華フェア」について
施設名 :八仙閣 天神スカイビアテラス店
住所  :福岡県福岡市中央区天神1-4-1西日本新聞会館 17階屋上
電話  :092-712-4650
営業時間:12:00~22:00 (O.S.21:30)
※16階から17階は階段をご利用ください。
※12:00~17:00は、前日までのご予約のみ承ります
※2020年12月29日(火)~2021年1月6日(水)は休業

八仙閣 天神スカイビアテラス公式HP: https://www.8000.co.jp/tenjin-sky/

油山グランピングについて



2019年11月に、リーズナブルにグランピングが楽しめる「油山グランピング」は、街中から30分で行けるグランピングとしてたくさんの方々にお越しいただきました。
アウトドア初心者の方でも安心!火起こしサポートなどもスタッフがお手伝い!初めてのアウトドアデビューはぜひ、油山グランピングにお越しください。

油山グランピング:https://aburayama.camp/
※現在3月中旬まで冬季休業中
キャンプ女子株式会社について



国内最大のキャンプ女子コミュニティ「キャンジョ」の運営や、福岡市内でアウトドア初心者にも優しいお手頃価格のグランピング施設「油山グランピング」の運営なども手掛けています。
多くの地方自治体とのアウトドアを通した地域活性化など様々な挑戦を続けています。
1人でも多くの人が、アウトドアの素晴らしさを知り、もっと素敵なライフスタイルを送れるようにチャレンジしていきます。

本社:福岡県福岡市中央区大名2丁目6−11
代表:橋本華恋
公式HP:https://www.camjyo.com/
キャンジョInstagram:https://www.instagram.com/camjyo/
キャンダンInstagram:https://www.instagram.com/campdanshi/
油山グランピング:https://aburayama.camp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

ニュースリリース アクセスランキング

PR

注目のテーマ