米、ビルに旅客機激突テロ計画

 【ニューヨーク共同】米ニューヨークの連邦地検は16日、旅客機をビルに激突させる米中枢同時テロのようなテロを計画した罪で、ケニア国籍のチョロ・アブディ・アブドラ容疑者(30)が起訴されたと発表した。ソマリアを拠点とするイスラム過激派アルシャバーブのメンバーだとしている。

 連邦地検によると、アブドラ被告はアルシャバーブ幹部の指示を受け、民間機をハイジャックする準備として警備の弱点や操縦室の扉を破る方法、米国の査証(ビザ)取得方法を調査。米国の大都市で最も高いビルについても情報収集していた。地検はどの大都市かを明らかにしていない。

PR

開催中

初めての俳句教室

  • 10月7日(木)、11月4日(木)、12月2日(木)
  • 耳納市民センター多目的棟

PR