洋上風力・電動車に本腰、政府

 政府は25日、2050年の脱炭素社会に向けた「グリーン成長戦略」を発表した。洋上風力発電など再生可能エネルギーの普及に加え、ガソリン車から電動車への移行や水素の活用に本腰を入れる。実行計画で14の重点分野を設け、それぞれ目標の年限や支援策を明記。成長戦略による経済効果を30年に年約90兆円、50年に年約190兆円に上ると試算した。

 菅政権が50年に温室効果ガス排出量を実質ゼロにする目標を掲げたことを受けて策定した初の包括的な計画で、国の長期的なエネルギー政策の指針「エネルギー基本計画」の見直し議論にも影響を与える。

PR

科学・環境 アクセスランキング

PR