コロナで「厳しい1年」仕事納め 厚労省は「それどころじゃない」

 官公庁や多くの企業が28日、仕事納めを迎えた。2020年は新型コロナウイルス感染拡大への対応に追われ、東京五輪・パラリンピックも延期に。例年の仕事納めの催しも見送りとなった。「年末年始は来ない」「厳しい1年だった」。疲弊し、悲鳴を上げる職員や社員は、新年の新型コロナ収束を願った。

 「仕事納めどころじゃない」。新型コロナ対策や医療提供体制整備に追われた厚生労働省は「他の業務が回らないほど」(中堅職員)忙しい1年となった。年末年始も即応できるように態勢を取っているといい、別の職員は「部署によっては、休むのは難しいだろう」と語った。

PR

くらし アクセスランキング

PR