サントリー、家飲み需要見込む

共同通信

 サントリーホールディングスの新浪剛史社長(61)は30日までに、共同通信のインタビューに応じ、新型コロナウイルスの感染防止による家飲み需要の高まりが続くとして、国内で高級ウイスキーの販路拡大のほか、ビールの新商品発売などにより家庭向け販売を強化する考えを示した。「低価格では勝負しない。商品の品質で価値を提供していきたい」と語った。

 これまで数量限定で、免税店を中心に販売してきた高級ウイスキー「碧Ao(アオ)」を通年販売にして販路を広げる。10月の酒税法改正で減税となったビールは新商品を投入する。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ