実業団駅伝、4区に鎧坂や中村ら

共同通信

 元日の全日本実業団対抗駅伝(群馬県庁前発着=7区間、100キロ)に出場するチームの区間エントリーが30日に決まり、4連覇中の旭化成は最長区間の4区に鎧坂哲哉、5区に村山謙太を置いた。4日の日本選手権で男子1万メートルの日本記録を塗り替え五輪代表に決まった相沢晃は補欠となり、故障者などが出ない限り出場しない。

 前回2位のトヨタ自動車は、東京五輪マラソン代表の服部勇馬を5区に配置。6日の福岡国際マラソンを右脚痛で欠場した服部はオンライン記者会見で「優勝を決定づけられるような走りができたら」と意気込んだ。富士通で五輪マラソン代表の中村匠吾は4区を託された。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ