日本海側中心に大雪の恐れ

共同通信

 気象庁は1日、日本海側を中心に3日にかけて大雪になるとして、交通障害や施設への被害、雪崩や着雪に引き続き警戒するよう呼び掛けた。1日は北海道や東北、北陸を発着する空の便で欠航が相次ぐなど交通機関に影響が出た。

 気象庁によると、日本の上空に寒気が流れ込み、強い冬型の気圧配置となっている。平地でも大雪となる所がありそうだ。2日午後6時までの24時間予想降雪量は多い所で北陸70センチ、東北60センチ、北海道50センチ、関東甲信40センチ、東海30センチ。3日午後6時までの24時間では北陸60~80センチ、北海道、東北、関東甲信、東海20~40センチとしている。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ