北陸の高速道路で立ち往生相次ぐ

共同通信

 大雪に見舞われた北陸では9日、福井県内の北陸自動車道の2カ所で一時、計500台以上が立ち往生し、富山県高岡市の能越自動車道でも約80台が動けなくなるなど交通網が混乱した。

 富山県では除雪のため外に出た男性(81)が用水路で死亡しているのが見つかったほか、福井県でも勝山市で雪下ろしをしていた男性が屋根から転落するなど、少なくとも2人がけがをした。

 中日本高速道路によると、福井県内の丸岡―福井北IC間で事故があり、一時125台が動けなくなった。付近では9日午前にも一時330台が立ち往生したという。9日夜には福井北IC付近でも390台が動けなくなった。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ