音声・AI活用、新機能TV続々

 初めてのオンライン開催となった世界最大級の家電IT見本市「CES」で、参加企業は14日までに新型テレビを相次ぎ発表した。韓国勢を中心に機能面の進化が目立ち、次世代ディスプレーも登場した。日本からはパナソニックやソニーが参加した。

 「何かトレーニングメニューを」と女性がテレビに呼び掛けると、この女性の動画と、トレーナーの姿が2分割された画面に現れ、2人でストレッチを開始。こうしたフィットネス機能を、韓国サムスン電子は2021年のテレビに搭載すると発表した。

 パナソニックはAIで画質と音を最適化する有機ELテレビを、ソニーも高画質・高音質の製品を発表した。

PR

経済 アクセスランキング

PR