アルペン、小山は2回目に進めず

 【ベルリン共同】アルペンスキーのワールドカップ(W杯)は17日、オーストリアのフラッハウで男子回転第6戦が行われ、22歳の小山陽平(日体大)は1回目に55秒27で、30位までによる2回目に進めなかった。30位とは0秒15差だった。

 29歳のセバスチャン・フォスソレボーグ(ノルウェー)が1回目の首位を守り、合計タイム1分46秒23でW杯初勝利を挙げた。マルコ・シュワルツ(オーストリア)が0秒76差の2位で、W杯総合首位のアレクシ・パンテュロー(フランス)が3位だった。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR