東京円、103円台後半

 18日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=103円台後半で取引された。

 午後5時現在は前週末比06銭円安ドル高の1ドル=103円75~77銭。ユーロは62銭円高ユーロ安の1ユーロ=125円20~24銭。

 欧州景気の先行きへの懸念から、基軸通貨のドルがユーロに対して買われ、円に対してもドル買いが波及した。ただ、日経平均株価の下落に伴い、相対的に安全な通貨とされる円が買われる場面もあり、もみ合った。

 18日の米国は「キング牧師の日」の祝日で金融市場が休場となり、「取引参加者が少なく、相場が動かなかった」(外為ブローカー)との声があった。

PR

経済 アクセスランキング

PR