イラク、自爆テロ32人死亡

 【カイロ共同】イラクの首都バグダッド中心部2カ所で21日朝、自爆テロが発生し、保健省によると、計32人が死亡、110人が負傷した。国営通信が伝えた。

 イラク軍の報道官は、爆発物を身に着けた2人が治安当局に追跡され、途中で自爆したと明らかにした。犯行声明は出ていない。

 サレハ大統領は声明で「平和な未来への願望を標的にしたテロ攻撃」と非難。地元メディアは、犯人がタハリール広場に近い商店街に駆け込んで爆発物を起動させたと伝えた。

PR

国際 アクセスランキング

PR