福岡工業大学 JCR格付「AA⁻」R&I格付「A⁺」を獲得

「For all the students」の教育活動、募集活動の積極性が高く評価されています
福岡工業大学(福岡市東区和白東3丁目30-1)は今年度受審した株式会社日本格付研究所(JCR)、株式会社格付投資情報センター(R&I)による格付審査で「AA⁻」(JCR)「A⁺」(R&I)の評価を獲得しました。教職協働で取り組む中期経営計画による教育活動や就職支援、全国で唯一14年連続で志願者を増やしている募集活動の積極性などが高い評価を得ています。



【福岡工業大学について】
1954 年創立。3学部9学科で構成される福岡工業大学を中心に、短期大学部、高校を設置。学生・生徒数は約6,700人。「For all the students~すべての学生生徒のために~」を経営理念に掲げています。教職協働で策定する中期経営計画に基づく教育活動や就職支援は学生・保護者から高評価を受けていて、学生を成長させる「面倒見の良さ」、全国トップクラスの就職率などを背景に全国のすべての大学で唯一14年連続で志願者を増加させています。学園運営への第三者評価の一環として、2011年から株式会社格付投資情報センター(R&I)、2014年から株式会社日本格付研究所(JCR)が実施の審査を受審し、学園運営の改革・改善に努めています。






【JCR格付ニュースリリースより一部抜粋)】
▼大学の総志願者数は 14 年連続増加し、全国的にも例のない伸びをみせている。入試難易度も上昇し、
 九州域内の有力私大の一角を占めるようになってきた。
▼経営のスピード感には定評がある。これまで取り組んできた改革の成果は、志願者数の増加、就職実績の向上、 事業活動収支差額の安定推移、外部研究資金の増加などに表れている。
▼学生に対し教育や学生支援などの形で最大限還元する方針に変化はない。学納金の安定確保に加え、
 その他収入の拡大や支出の効率化に注力することで、教育・研究への先行投資を増やしている。



【R&I格付ニュースリリースより一部抜粋】
▼2020年年度入試までの大学志願者数は14年連続で増加し、R&Iが重視する実志願者数も過去最高を更新した。
▼九州地区における大学のなかでの評価が高まりつつあり、入試難易度も上昇傾向だ。学生募集力は比較的強い。
▼「For all the students~すべての学生生徒のために~」を経営理念に掲げ、教職員が一丸となって
 組織的に改革・改善に努めている。その効果が継続するとともに、丁寧な教育と面倒見の良い就職支援が
 教育関係者や父母からの評価を得ている。
▼コロナ禍での対応では教学面の支援に加え、激甚災禍修学支援金(10万円無償給付)を創設して学生を
 経済面でもサポートするなど効果を上げている。

          【「面倒見の良さ」「就職力の高さ」を実現する経営姿勢が高評価】
本学では「For all the students~すべての学生生徒のために~」を理念に、教職員が一丸となって策定した
中期経営計画に基づき、経営に取り組んでいます。学生に教育や学生支援などの形で最大限還元するために
何が出来るか?が考えられスピード感を持った改革・改善が行われており、今回の格付ではこうした経営姿勢が
最も高く評価されています。また本学は大学通信社が全国の進路指導教諭に調査した大学ランキングでは、
「面倒見の良い大学」として、全国7位(九州の全大学で1位)。「就職に力を入れている大学」としても
全国12位(九州私立大学で1位)に選ばれています。
昨シーズン(2020年3月卒業生)の就職率は99.9%。
実就職率(進学者を除いた就職率)も97.1%。全国トップクラスの実績を誇っています。
経営計画に基づいて、学生を成長させて将来の進路に責任を持つ教育環境が実現しています。

今回の格付はこうした実績に裏打ちされており、これら2社からの格付結果は、本学が学校改革を着実に進めた
結果であると考えています。今後も常にFor all the studentsの理念の下、「学生生徒の視点」に立った学園運営に努めるとともに、さまざまな改革・改善を行い、“全国トップクラスの教育拠点”の実現を目指してまいります。



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

ニュースリリース アクセスランキング

PR