日中韓の院生がアニメ制作

 日本と中国、韓国の美術系大学の大学院生が共同制作した短編アニメが完成し、お披露目をかねたシンポジウムが22日、オンラインで開かれた。新型コロナウイルスの影響で対面での作業は行わず、インターネット上のやりとりだけで作り上げた。

 アニメは6分余りの映像と音楽で、コロナ禍を生きる人々を励ます内容。マスク姿の少女が荒廃した都市を抜け出す物語など5部構成となっている。東京芸術大と中国、韓国の大学の院生約30人が5グループに分かれ、昨年8月17~29日にオンラインミーティングを繰り返すなどして作業を進めた。

PR

くらし アクセスランキング

PR