花いけバトル、東京代表が優勝

 高校生が生け花の出来栄えを競う「全国高校生 花いけバトル」の決勝戦が24日あり、関東地区代表の田園調布雙葉高(東京都)が優勝した。新型コロナのため、生ける様子を事前に録画したものを審査員が採点、その映像を参加者らに配信する形で実施した。

 2人でチームを組み、5分以内で1人ずつ花を生ける。完成作品だけでなく、生ける際の身のこなしも評価の対象となる。11校が参加、23日の予選ラウンドを突破した4校で決勝トーナメントが行われた。2位は香川県代表の県立飯山高。

 田園調布雙葉高は前回大会で準優勝した2年の藤本なぎさん(16)と深沢玲音さん(16)が今回も参加した。

PR

くらし アクセスランキング

PR