冬季国体2競技を棄権意向

 今月27日から岐阜、愛知両県で開かれる国民体育大会冬季大会のスケートとアイスホッケーの競技会に出場予定だった43都道府県のうち11自治体が、新型コロナウイルス感染の再拡大を受け、棄権の意向を示していることが25日、分かった。大会は予定通り無観客で開催する方針。

 日本スポーツ協会(東京)によるアンケート結果を、愛知県の大村秀章知事が同日の記者会見で明らかにした。大村知事は「感染防止対策を万全にした上で予定通り開催したい」と述べた。協会は「アンケートの質問項目や回答結果は公表しない」としている。

 既に岩手、秋田、福島、茨城の4県が棄権すると明らかにしている。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR