自民、円滑接種へ向け2月に提言

 自民党の新型コロナウイルスに関するワクチン対策プロジェクトチーム(PT)は26日、党本部で初会合を開いた。ワクチンの円滑な接種が可能になるよう課題を洗い出し、政府が開始を目指す2月下旬までに提言をまとめる方針だ。

 会合で下村博文政調会長は「ワクチンは感染対策の切り札で、国民の関心が高い。迅速かつ安全な接種へ政府をサポートしたい」と訴えた。座長に就いた鴨下一郎元環境相は「日本の医療史上、最大のプロジェクトだ。科学的根拠に基づき議論を進めたい」と語った。

PR

政治 アクセスランキング

PR