米、パレスチナ支援復活へ

 【ニューヨーク共同】ミルズ米国連代理大使は26日、バイデン新政権のパレスチナ政策を巡り、イスラエルとパレスチナの「2国家共存」を支持し、トランプ前政権が大幅に削減したパレスチナ支援を復活させると表明した。中東情勢に関する国連安全保障理事会の公開会合で述べた。

 極端な親イスラエル政策が目立ったトランプ前政権とは異なり、パレスチナ側への関与も強める姿勢を明確にした。

 ミルズ氏は安保理会合で、米国はイスラエルとパレスチナ自治政府の双方に対し「入植活動や暴力の扇動など2国家共存による解決を一層困難にする行動を控えるよう働き掛ける」と強調した。

PR

国際 アクセスランキング

PR