深夜の銀座クラブは「言語道断」

 自民党の下村博文政調会長は27日の記者会見で、自民党の松本純国対委員長代理、公明党の遠山清彦幹事長代理が緊急事態宣言再発令中の深夜に東京・銀座のクラブを訪れていたことを批判した。「言語道断だ。政治への信頼が揺らぎかねない」と述べた。

 同時に「国会議員は国民の代表で、さらに緊張感を持って襟を正すことが必要だ」と指摘。松本氏に対し「国民に自粛をお願いしている立場だ。猛省してほしい」と語った。

 公明党の竹内譲政調会長も会見で、遠山氏の行動について「国民一丸で新型コロナウイルス禍と闘っているさなか、誠に軽率で自覚が足りない。国民に心からおわびしたい」と陳謝した。

PR

政治 アクセスランキング

PR