ワクチン供給へ米政権協力に期待

 政府は28日、新型コロナウイルスのワクチン接種に向けた国内の安定供給確保のため、米政権の協力に期待を示した。菅義偉首相は未明のバイデン大統領との電話会談で、日本への供給を含めた日米の連携強化で一致した。

 加藤勝信官房長官は記者会見で、日米首脳電話会談に関し「わが国のワクチン契約相手に米社ファイザー、モデルナが含まれていることも念頭に、供給全体について日米政府間で協力することを確認した」と明らかにした。

 日本政府はファイザー、モデルナ、英アストラゼネカの3社と計約3億1千万回分のワクチン供給を契約している。

PR

政治 アクセスランキング

PR