米、南アフリカ変異種を初確認

 【ニューヨーク共同】米南部サウスカロライナ州の保健当局は28日、南アフリカで見つかった新型コロナウイルスの変異種への感染者2人が州内で確認されたと発表した。南ア由来の変異種が米国で確認されたのは初めて。2人は成人で面識はなく、いずれも南アへの渡航歴はないため、市中感染とみられる。

 南ア由来の変異種は従来のウイルスより感染力が強く、ワクチンの効果が弱いとされる。米国は過去14日以内に南アに滞在した外国人の入国を30日から禁止する方針。

 南ア由来の変異種への感染者はこれまでに30カ国以上で確認。米国では既に英国由来とブラジル由来の変異種が確認されている。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR