NY株反落、3万ドル割れ

 【ニューヨーク共同】29日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反落し、前日比620・74ドル安の2万9982・62ドルで取引を終えた。3万ドルの節目を約1カ月半ぶりに下回った。個人投資家集団による投機的取引に対する警戒感が高まった。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数も266・47ポイント安の1万3070・69と反落した。

 ゲーム販売店のゲームストップや映画館運営のAMCエンターテインメント・ホールディングスといった一部の銘柄が再び急騰。これらの銘柄で空売りを仕掛けたヘッジファンドが損失を穴埋めするため、優良株を売却するとの観測が広がった。

PR

経済 アクセスランキング

PR