BLM運動、平和賞候補に推薦

 【ロンドン共同】今年のノーベル平和賞候補に、米国で黒人男性が暴行死した事件に端を発し、世界中に広がった黒人差別解消を訴える運動「ブラック・ライブズ・マター(BLM=黒人の命も大事だ)」が、推薦された。英メディアなどが1月31日までに伝えた。

 推薦したのはノルウェーの社会主義左翼党の国会議員ペッター・アイデ氏。運動によって米国以外でも人々が人種差別に向き合うようになるなど「人種的不公平に対し、世界的に意識を高めた」としている。

 平和賞は各国の国会議員や大学教授らに推薦資格がある。締め切りは1月末で、受賞者は毎年10月に発表される。

PR

国際 アクセスランキング

PR