一山麻緒「五輪へ期間は十分」

 大阪国際女子マラソンで初優勝した東京五輪代表の一山麻緒(ワコール)が1日、一夜明けて大阪市内で記者会見した。日本記録更新を逃した悔しさを口にしつつ「速いペースを経験できたのはいい刺激になった。五輪への期間は十分ある。けがなく練習を積み重ねることが一番大事」と前向きに話し、スピード持久力の向上を課題にした。

 2時間19分12秒の記録更新を目指したレースは中盤に失速し、2時間21分11秒でゴール。昨年末に体調を崩して調整が狂ったが「諦めようとは一切思わなかった。メニューを完璧にやることができたら、またチャンスはあると思う」と記録挑戦への意欲を示した。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR