東京円、104円台後半

 週明け1日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=104円台後半で取引された。

 午後5時現在は前週末比20銭円安ドル高の1ドル=104円74~75銭。ユーロは47銭円安ユーロ高の1ユーロ=127円01~05銭。

 個人投資家集団による投機的な取引により、米株式市場が不安定な動きとなっていることから、基軸通貨で流動性の高いドルを確保する動きが優勢だった。

 一方で、米国市場の動向を見極めたいとの思惑もあり、積極的な取引は手控えられた。市場では「リスク回避時には、相対的に安全な資産とされる円も買われやすく、小幅な値動きになった」(外為ブローカー)との声が聞かれた。

PR

経済 アクセスランキング

PR