米大統領、制裁復活に言及

 【ワシントン共同】バイデン米大統領は1日、ミャンマー国軍によるクーデターを受けて声明を発表し「民主主義が攻撃を受ければ、米国は立ち上がる」と強調、同国に対する制裁を復活させる可能性に言及した。国軍が拘束したアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相らの解放を求めた。

 バイデン氏は声明で、米政権がミャンマーの民主化進展に合わせて制裁を解除してきたと指摘。「進展に逆行する動きがあれば、米国の制裁に関する法令を即座に見直さざるを得ず、その後に適切な行動を取ることになる」と警告した。

 さらに「国際社会が一体となって、国軍に対して直ちに権力を放棄して拘束した当局者や活動家を釈放するよう声を上げるべきだ」と、各国に連携を呼び掛けた。

PR

国際 アクセスランキング

PR