ノーベル賞委員会が非難声明

 【ロンドン共同】ノーベル平和賞の選考主体、ノルウェーのノーベル賞委員会は1日、1991年の受賞者であるミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相を拘束した国軍のクーデターに関し「スー・チー氏や他の政治家らの即時解放を求める」と非難する声明を出した。

 声明はクーデターに「ぞっとした」とし、「スー・チー氏へのノーベル平和賞授与から30年、国軍は再び民主主義を脇に追いやり、合法的に選ばれた政府の代表者たちを拘束した」と批判した。

 スー・チー氏は「民主主義と人権のための非暴力闘争」をたたえられノーベル平和賞を受賞した。

PR

国際 アクセスランキング

PR