アリババ、売上高3・6兆円

 【北京、上海共同】中国の電子商取引最大手アリババグループが2日発表した2020年10~12月期決算は、売上高が前年同期比37%増の2210億元(約3兆6千億円)となり、四半期として過去最高となった。11月のセールで取引額が大幅に増加したことが寄与した。

 新型コロナウイルスによる「巣ごもり需要」を背景に業績は拡大傾向だ。ただ、中国当局はアリババなどネット企業の独占規制を強化しており、今後の経営課題となる。

 アリババは11月11日の「独身の日」にネット通販各社が行うセールで、累計取引額が4982億元を記録。過去最高だった前年の2684億元を大きく上回った。

PR

経済 アクセスランキング

PR