ワクチン日本供給に自信

 ドイツのバイオ企業ビオンテックのシャヒン最高経営責任者(CEO)は2日、オンラインによる記者会見を開いた。米製薬大手ファイザーと共同開発した新型コロナウイルス感染症のワクチンが日本で承認された場合「すぐに供給できるようファイザーと緊密に協働している。日本にワクチンを届ける自信がある」と意気込みを語った。

 シャヒン氏は「他の変異株が発生した場合でも良好な予防効果を提供できるだろう」との見解を示した。需要に対応するため「増産できるように頑張る」とも述べた。

 ワクチンの安全性に関して「副反応も普通のワクチンと同等レベルだった」とした。

PR

経済 アクセスランキング

PR