米テスラ、EVリコール

 【ニューヨーク共同】米電気自動車(EV)大手テスラは、約13万5千台のリコール(無料の回収・修理)を実施すると当局に届け出た。同社のリコールとして過去最大規模。指で触れて操作する画面の不具合で、後方確認用カメラの映像が表示されなくなるなど、安全上の懸念がある。米CNNなどが2日報じた。

 対象は2012~18年製のセダン「モデルS」と、16~18年製のスポーツタイプ多目的車(SUV)「モデルX」。米道路交通安全局(NHTSA)が21年1月に15万8千台のリコールを要請していた。テスラはリコールについて、あくまで自主的な取り組みと主張しているという。

PR

経済 アクセスランキング

PR