【AI-Lab×東京理科大学】産学連携ビジネスプランコンテスト最終審査会を開催しました

~AI技術の発展に貢献する大学向けのビジネスコンテスト ~
一般社団法人AI-Lab(福岡県福岡市博多区博多駅東、代表理事:西本光治)は、東京理科大学との連携による「産学連携ビジネスプランコンテスト」の最終審査会を2021年1月20日(水)オンラインにて開催しました。




・「2021年度:産学連携ビジネスプランコンテスト」概要
本コンテストは、東京理科大学経営学部(朝日ゼミ)の生徒を中心にSDGsにおける社会課題をAI・Iotの活用により解決するというテーマで開催されました。

応募総数242件の内、最終選考会に残った19グループが熱いプレゼンテーションを繰り広げ、「AI診断技術を用いた救命救急キット」を発表した川瀬航平さんが最優秀賞に選ばれました。

審査員を務めた、AI-Labの坂元理事は「勢いや将来性があり、粗削りだがどれも面白いプレゼン内容であった。『貧困からの脱出』や『教育を底上げ』という社会課題がはっきりしているものが多く、私も大変共感を覚えた」と学生たちの視点を高く評価しました。

また、同じく審査員のAI-Lab西本代表理事からは、「みなさん、これからも精進して新しいビジネスモデル・新しい技術の革新を開いていくよう頑張っていただきたい」と若い世代に期待を込め一日を締めくくりました。

【受賞者一覧】
《最優秀賞》
・『AI診断技術を用いた救命救急キット』川瀬航平

《特別賞》
・『中所得国に対する医薬品の安価な提供ビジネスモデルの確立』野澤伊織

・『AIと道路信号機の融合』宮嶋紀輝

・『養護者をケアするバンド「ネストルケア」』 金城志帆、幡野優梨花、山崎莉子

・『患者䛾健康状態を24時間モニタリングする次世代IoTデバイス「CarroT」』佐仲杏美、妹尾一生、岩村夏海

・『SCHOOOL』横田琴音

《佳作》他13グループ

■最終審査会概要
日程:2021年1月20日(水)
場所:オンライン開催
賞金:最優秀賞 10万円 × 1名
特別賞 5万円 × 5名
佳作 3,000円(Amazonギフト券)× 最優秀賞、特別賞を除く全員

・AI-Lab産学連携ビジネスプランコンテストとは・・・?
一般社団法人AI-Lab(福岡県福岡市博多区博多駅東1-1-33 はかた近代ビル7F、代表理事 西本光治)は、様々な領域においてAI技術の研究・開発を行い、人々にとって最良のパートナーになれる独自のAIソリューションの模索と構築をめざします。
メンバーには、AIやシステム開発を専門分野として活動するメンバー以外にも製造、金融、不動産、マーケティングなど様々な分野で現役で活躍するメンバーが参画しており、AIを開発するだけではなく、どのような分野でどうやって活かすことができるかといった多角的視点で判断しています。

~大学関係者の皆さまへ~
AI-Labでは、学生の皆さまに対して、キャリア教育の場を提供したいという想いのもと、大学生向けのビジネスプランコンテスト及び大学での授業を開催しております。

様々な分野の専門家が集まる私たちだからこそ、アイディアを形にする方法から、相手に伝わる資料の作り方まで、学生の皆さまが社会で活かせる経験の場を提供できると考えております。

AI-Labのビジョンに賛同いただけましたら、是非お問い合わせ下さい。

■詳細はこちら
https://ai-l.net/academic/

・一般社団法人AI-Labについて
一般社団法人AI-Lab(福岡県福岡市博多区博多駅東1-1-33 はかた近代ビル7F、代表理事 西本光治)は、様々な領域においてAI技術の研究・開発を行い、人々にとって最良のパートナーになれる独自のAIソリューションの模索と構築をめざします。

メンバーには、AIやシステム開発を専門分野として活動するメンバー以外にも製造、金融、不動産、マーケティングなど様々な分野で現役で活躍するメンバーが参画しており、AIを開発するだけではなく、どのような分野でどうやって活かすことができるかといった多角的視点で判断しています。



【会社概要】
会社名:一般社団法人AI-Lab
所在地:福岡県福岡市博多区博多駅東1丁目1番33号 はかた近代ビル7F
代表理事:西本光治
設立:2020年6月15日
URL: https://ai-l.net/


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

ニュースリリース アクセスランキング

PR