「衆院広島3区は公明・斉藤氏」

 自民党の山口泰明選対委員長は5日、党広島県連会長の宮沢洋一参院議員と党本部で会談し、次期衆院選広島3区の与党候補として斉藤鉄夫公明党副代表を擁立する方針を伝えた。県連が推す石橋林太郎県議については、比例代表の名簿上位に単独で処遇するとし理解を求めた。宮沢氏は持ち帰り、県連役員会で報告する考えを示した。

 山口氏は次々回の衆院選に関しては、今後の状況を見ながら自公で話し合いたいと宮沢氏に伝達。会談後、宮沢氏は「執行部の結論を覆せなかった。残念だが受け入れる」と語った。

 広島3区は、参院選広島選挙区を巡る公選法違反で公判中の河井克行元法相=自民離党=の地元。

PR

政治 アクセスランキング

PR