米中関係「激しい競争に」

 【ワシントン共同】バイデン米大統領は7日放映のCBSテレビのインタビューで、中国との関係について「衝突する必要はないが、激しい競争になる」との認識を表明した。習近平国家主席との電話会談については「まだ機会はないが、しない理由はない。話すべきことはたくさんある」と前向きな考えを示した。

 バイデン氏は中国への対応について「トランプ(前大統領)のようなやり方は取らない」と強調。単独主義的な行動で首脳間の取引に持ち込むトランプ氏の手法とは一線を画し、国際社会と協調する意向をにじませた。

 インタビューは5日に収録された。

PR

国際 アクセスランキング

PR