日本初!サウナでととのわせたタオル誕生!サウナの西の聖地「湯らっくす」コラボ 「ととのいタオル」ファクトリエのサイトで2月28日までの期間限定で発売開始

企画・体験、ものづくりもデザインも全て熊本 2/6(風呂の日)15:00から2月28日23:59までファクトリエのサイトで期間限定発売
日本の語れるものだけを販売する「ファクトリエ」は日本初となる、サウナの西の聖地「湯らっくす」とコラボし、サウナで”ととのう”状態に仕上げたタオル「ととのいタオル」を2月28日23:59まで期間限定で予約販売を開始しました。

日本の語れるものだけを販売する「ファクトリエ」(本社・本店:熊本県)が、サウナの西の聖地とも呼ばれ、サウナシュランで殿堂入りを果たしている熊本県の「湯らっくす」とコラボした、生産工程でサウナで「ととのう」状態にしてから販売する日本初のタオル「ととのいタオル」。

この度、60デザインの応募総数からTwitter上での最終投票に熊本県在住の吉田潤平さんのデザインを採用することが決定しました。(デザイン選考課程は別途参照)
なお、タオルも熊本県の「九州ツバメタオル」であることから奇しくも企画・販売・体験・ものづくり・デザインの4者とも全てが熊本のコラボとなりました。

本タオルの価格は1430円(税込)。
ファクトリエのECサイト上で本日2月6日(風呂の日)15時から2月28日23:59までの期間限定・完全受注生産で発売します。

<「ととのいタオル」決定デザイン>

決定デザイン

<「ととのいタオル」商品概要>
商品名:湯らっくす×ファクトリエ「ととのいタオル」
価格:¥ 1,300 (税抜) / ¥ 1,430 (税込)


・サイズ:約86cm×約33cm
(ととのう前のサイズ:91cm×34cm)

・販売方法:ファクトリエのサイト上でのみ期間限定で販売。
      ※購入枚数の制限はありません。

・商品ページURL : https://factelier.com/products/detail.php?product_id=14933

・販売期間:2月6日(土)15:00~2月28日(日)23:59
<デザイン:吉田潤平さん コメント>(一部抜粋)

(左)吉田潤平さん (右)熊本店店長・小林
最初に言っておきたいのが僕自身がめちゃくちゃ湯らっくすが好きなんです。だから、今回のタオル企画は僕自身の絵が上手いとか下手とか関係なくみんなで盛り上がれたら良いなと思って参加しました。

先ずどんなタオルが欲しいか考えた時、最初に思い浮かんだのが湯らっくすの外観でした。正面から見た横長の外観がタオルにピッタリだなと思いました。

参考にしたのはコロナの営業自粛明け初日撮った一枚の写真です。その日、開店10分前に湯らっくすに着くと駐車場には車一台停まっていませんでした。コロナ前の繁盛を知っているだけにその光景に衝撃を受けたのですが同時に店頭に並んだ「だご消毒宣言」の幟旗を見て思わずニヤリとさせられた事を覚えています。大変な時期でもユーモアを忘れず笑顔にしてくれた湯らっくす。最高なんです。

タオルのデザインの中に幟旗も描いたのですがここは「だご消毒宣言」の幟旗ではなく敢えて別のデザインのものを選びました。早くコロナが終わると良いなという思いです。

そんなこんなで僕の画力のなさにサウナ上がりのリラックスモードと湯らっくす愛が加わり、それが功を奏したのかユルユルの湯らっくすが描き上がりました。

是非、湯らっくす前でこのタオルを拡げて写真を撮って下さい。僕もこのタオルを持った方と湯らっくすのサ室で偶然さん出来る日を楽しみにしています。
■ デザイン選考過程とこれからについて
1)1月18日から1月26日にかけてTwitterのファクトリエ公式アカウントを通じてデザインを募集。
2)1)で応募があった60作品から4作品を「湯らっくす」オーナーの西生氏とファクトリエ代表の山田が選考。
3)2)で選ばれた4作品をTwitterのファクトリエ公式アカウントを通じて1月28日から2月3日23:59にかけて一般投票を行い、得票数の多かった吉田潤平さんのデザインを採用。
4)3)で選ばれたデザインで九州ツバメタオルを生産
5)「湯らっくす」でタオルを整わせる
6)2月6日(土)15:00~2月28日(日)までファクトリエのサイト上で期間限定販売
7)4月上旬、「ととのいタオル」が皆様の手元に届きます。
■ サウナの西の聖地「湯らっくす」でととのわせたタオル!「ととのいタオル」ができるまで



1)タオルにアウフグースで熱波を浴びせる
2)日本一深いMADMAXな水風呂に入れる
3)外気浴で、ほてったタオルがととのう!
4)しっかり乾かして「ととのいタオル」が完成
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

ニュースリリース アクセスランキング

PR